エトヴォス ハイライト

MENU

エトヴォス ミネラルハイライトクリーム マットに仕上げても老け顔にならない!

最近、エトヴォスのミネラルハイライトクリームが大人気です。

 

ヘア&メイクアップアーティストの 河北裕介さんがエトヴォスとコラボして作ったアイテムですが、@コスメでも口コミランキング第一位をとりましたね。

 

エトヴォス ハイライトクリーム

 

どんな肌質の人でも簡単に美しくメイクができてさらにお肌がキレイになれるものというコンセプトとのこと。
肌質別じゃないなんてずいぶん思い切ったことをしたものです。

 

しかも、エトヴォスさんのこだわりがたっぷり入った、肌に優しいだけじゃなくって仕上がりも使いやすさも妥協しない製品。
当然、クレンジング剤不要で石鹸でおとせるタイプ

 

ものすごーくレベルが高い商品を作ったなぁと思います。

 

どんな肌質人でもということは、にきびがあったりシワがあったりくすみがあったり 果てはほうれい線があったり。そんな人にもきれいに使えるのはすごい。

 

そう思いませんか。

 

どんな肌質の人でも簡単に美しくメイクができ綺麗になれる。

 

これ商品として作ろうと思ったら、ハードル高いですよ。根性の逸品です。

 

川北裕介さんによると…

ところでね、今まで知らなくてショックを受けたことがあったんです。

 

メイクの川北裕介さんによると、お肌はマットな質感にするとどうしても老けて見えるんだそうです。私、今まで知りませんでした。

 

冬場だけでなく、夏場はもエアコンの風に当たってお肌が乾燥したりするので 、マットに仕上げた方が、しっとりと見えるかなと思っていたんですが、 逆にマットとすると老けて見える。

 

とてもショックでした。

 

でも、ミネラルハイライトクリームだと、それも軽減されるのだそう。

 

このミネラルハイライトクリームは何が違うかというと、光やつやで肌の欠点である、シミなどを目立たなくするところが違います。良く、飛ぶという表現がされますが飛ぶ=目立たなくすると思ってください。

 

リキッドファンデーションやパウダーファンデーションを使う人は、肌の上からポンポンとスポンジで塗るだけでOK。

 

簡単にうるっとツヤとしたお肌になれるという素晴らしいハイライトクリームです。

 

 

ハイライトクリームですが、色は白ではなくてキラキラが入ったファンデーションのような色味です。そして、使った感じは、かたい(かための?)クリーム?

 

 

欧米人のように顔の凹凸がはっきりしている人はいいですが、いわゆる日本人顔の場合はハイライトカラー必須ですものね。のぺっとしちゃうから…。

 

 

なお、使い方は

 


基本の使い方

 

下地、リキッドファンデーション、パウダー等、あらゆるベースの上からお使いいただけます。指またはスポンジを使って、眉尻の延長線上の頬骨から内側にハイライトを塗り広げます。

 

陰影を強く出したいときは指で、自然に仕上げたい場合はスポンジを使って伸ばすのがおすすめ。おでこはテカりやすいので、薄く伸ばすことがポイント。上からパウダーを重ねるとツヤ感が消されてしまうので、ベースメイクの最後にお使いください。

 

こんな使い方も!
肌全体のトーンを合わせる「全顔使い」や、ほうれい線に伸ばしてシワを飛ばす、目元のアイカラーベースとして使うのも河北氏のおすすめです。

 

です。

 

下地の上からハイライトクリームをファンデの代わりにというのもアリかも。

 

エトヴォス ハイライトクリーム

 

コンパクトに入ってます!